エアコン豆知識

失敗しないために、役に立つエアコン豆知識

1.「あとから追加工事費が発生した」と言われることがあります。 エアコンは、室内機と室外機があり、設置工事が必要になります。 また、電源が単相100vと200vがあり、一戸建てやマンション等の建物の状況で違ってきますので、よく調査してからのお見積りが大切です。 標準工事費があまりにも安い場合は、配管工事が別料金だったりしますので、あとから追加工事費を請求されないように初めに工事費を確認しておきましょう。 エアコンとりかえ隊では、標準工事費の他、約¥3,675(法定手数料と運賃)が必要になります。
2.室外機の設置場所は慎重にきめましょう。 よくあるクレームとして、室外機の風がお隣さんに向かっている場合、クレームになることがあります。あとから「場所を変えてくれ」と言われないように場所を選定しましょう。
3.環境保護と室外機の品質維持のために「真空引き」での工事を。 エアコンの室外機には「フロンガス」が入っていますので、設置工事の途中で空気中に排出されないような工夫が必要です。エアコンとりかえ隊では、メーカー工事手順に則り、環境保護と室外機の品質維持のため、「真空引き」といって、「フロンガス」を空気中に出さないように配管内を真空にして工事をしています。ちょっとしたことですが、環境にやさしい工事を目指しています。
4.保証期間を確認しましょう。 エアコンは設置した後が大切です。最近のエアコンはほとんど故障することはないのですが、設置の状況や工事の仕方、ゴミや汚れの溜まり具合により、たまに故障することもあります。 エアコンとりかえ隊では5年保証を実施しています。取り付け後のアフターサービスも大切なポイントです。
5.定期的にクリーニングを エアコンは、使っているうちに内部に汚れが出てきます。その汚れが原因で「カビ」が繁殖して「ニオイ」を発生させることもあり、アレルギーの原因になることもあります。またゴミが溜まりすぎると冷暖房の効率が落ちて故障の原因にもつながりますので、定期的なクリーニングが大切です。 エアコンとりかえ隊では、エアコンクリーニング\10,000を只今、\8,000-で承っています。お気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP